<緊急アピール>強制執行を停止させる保証金カンパのお願い

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

 全国の皆さん。
 市東さんの農地取り上げ強制執行をめぐり、2月14日に千葉地裁で行われた審尋(しんじん)で、強制執行の停止を勝ち取りました。停止期間は請求異議裁判(後述)の第一審が終わるまでですが、ひとまずみんなでもぎ取った勝利です。
 しかしながら、執行を停止させるためには、7日以内(2月21日まで)に200万円の保証金を積むことが条件とされています。必ず執行を停止させ、3月2日に第1回の弁論を迎える請求異議裁判を全力で闘いぬくために、緊急のカンパを訴えます。

 昨年10月25日、最高裁で争っていた農地法裁判で、第3小法廷の大谷剛彦裁判長は、不当にも市東孝雄さんの上告を棄却し、判決が確定しました。
 これに対して市東さんと弁護団は、11月30日、空港会社(NAA)が農地取り上げの強制執行を裁判所に申し立てても許可しないよう求める訴訟を千葉地裁に起こし(請求異議裁判)、同時にこの訴訟が終わるまで執行を停止する決定を求めたのです。

 2月14日、この決定のために市東さんとNAAの双方から意見を聞く場(審尋)に臨むと、担当の裁判長(民事第5部)が代わっていました。請求異議と審尋の申し立てを認めた鹿子木康(かのこぎやすし)裁判官から、にわかに髙瀬順久(たかせよしひさ)裁判官に交代したのです。あからさまな国策人事です。
 審尋の場で弁護団は、「執行を止めたとしても空港会社に損害は生じないから保証金は不要だ」と主張しました。そして損害が生じるなら具体的に挙げるよう求めましたが、空港会社の代理人はなにひとつ答えることができませんでした。それなのに、高瀬裁判長は助け舟を出し、200万円という根拠のない高額の保証金を提示してきたのです。

 こんなやり方に負けるわけにはいきません。請求異議裁判も予断を許しません。ひとつひとつの攻防が文字通り力勝負です。執行停止を確定し、請求異議裁判の早期結審を許さず、大きな反撃の闘いとするために、ぜひともカンパのご協力をお願いいたします。

2017年2月15日

【カンパの送り先】 
<郵便振替> 00130-0-562987 三里塚芝山連合空港反対同盟
<銀行口座> みずほ銀行成田支店 普通預金2074135 イトウノブハル

明日、一坪共有地裁判判決へ

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

takase_saibancho.jpg明日2月16日、千葉地裁(民事第5部・高瀬順久裁判長)で一坪共有地裁判の判決があります。

 千葉県が共有地強奪の口実としていた「成田国際物流複合基地」事業は、既に130億円もの債務を残して破綻し、事業主の県企業庁も消滅しました。もはや破綻している事業のために、一坪共有地を強奪することは許されません。判決で本件提訴は退けられるべきです。

 そしてこの日の裁判は、10年に及ぶ裁判の判決と言うだけではありません。民事第5部の高瀬順久(たかせよしひさ)裁判長は、これから闘われる請求異議裁判の担当裁判官です。市東さん、萩原さんや弁護団を除けば、初顔合わせです。「千葉地裁は農地取り上げの強制執行をするな!」「空港会社の強制執行申し立てを認めるな」の怒りを、直接、高瀬裁判長に示していきましょう。ぜひお集まり下さい。(写真は高瀬順久裁判長)

一坪共有地裁判=判決
 2月16日(木)13時10分 千葉地裁601号法廷 
 ※時間がいつもと違うのでお間違いのないようにお願いします

強制執行停止へ緊急カンパのご協力を!

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

p170214_1.jpg

 全国の皆さん。
 市東さんの農地取り上げ強制執行をめぐり、2月14日に千葉地裁で行われた審尋(しんじん)で、強制執行の停止を勝ち取りました。停止期間は請求異議裁判(後述)の第一審が終わるまでですが、ひとまずの勝利です。
 しかしながら、執行を停止させるためには、7日以内(2月21日まで)に200万円の保証金を積むことが条件とされています。必ず執行を停止させ、3月2日に第1回の弁論を迎える請求異議裁判を全力で闘いぬくために、緊急のカンパを訴えます。急を要しますので、まずはブログ上で呼びかけます。

 執行停止のために市東さんとNAAの双方から意見を聞く審尋(非公開)に臨むと、裁判長が代わっていました。請求異議裁判を闘う民事第5部の裁判長が、請求異議と審尋を認めた鹿子木康(かのこぎやすし)裁判官から、にわかに髙瀬順久(たかせよしひさ)裁判官に交代したのです。あからさまな国策人事です。
 審尋の場で弁護団は、「執行を止めたとしても空港会社に損害は生じないから保証金は不要だ」と主張しました。そして損害が生じるなら具体的に挙げるように空港会社の代理人を追及しましたが、空港会社の代理人はなにひとつ答えることができませんでした。にもかかわらず、高瀬裁判長は助け舟を出し、200万円という根拠のない高額な保証金を提示してきたのです。

 こんなやり方に負けるわけにはいきません。3月2日に始まる請求異議裁判も予断を許しません。ひとつひとつの攻防が文字通り力勝負です。執行停止を確定し、請求異議裁判の早期結審を許さず、大きな反撃の闘いとするために、ぜひともご協力をよろしくお願いいたします。(写真は千葉市葭川公園から千葉地裁に向けたデモ行進)

【カンパの振込先】 
 郵便振替口座 00130-0-562987 三里塚芝山連合空港反対同盟

請求異議、審尋ってなんのこと?

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

「えっ、最高裁で終わりじゃないの」多くの皆さんがそう思ったのではないでしょうか。
 行訴・農地法裁判が最高裁で上告棄却され判決が確定したことに対して、市東孝雄さんと弁護団は、昨年11月30日、執行裁判所である千葉地裁に「請求異議の訴え」と「強制執行停止申立」を行いました。
 請求異議の訴えとは、「債務者が債務名義に記載された請求権の存在や内容について異議がある場合に、その債務名義による強制執行を許されないものとするために、債権者を被告として提起する訴訟」とのこと。民事執行法という法律の35条に基づきます。市東さんの農地取り上げは事実上の強制収用ですが、民事訴訟(*)という形態を取ったため、こうした手続きも可能になります。
 つまり「行訴・農地法裁判での判決に基づく土地取り上げ強制執行は許されない」という新たな裁判を、成田空港会社(NAA)を被告として起こしたということです。
 不当な判決確定を受けて、強制執行が迫る緊迫した状況は変わりません。しかし、市東さんと弁護団の提訴と申立ては受理され、現在、執行手続きに歯止めがかけられた状況です。手続きがあるからといって、必ずしも受理されるとは限らないわけで、それだけこの農地取り上げ決定に問題があり、またこれまで応援してくれた皆さんの運動の力があるということです。
 請求異議裁判の第1回弁論が3月2日におこなわれます。 そして、請求異議裁判の判決が確定するまでの間、強制執行を停止させる「執行停止申立て」に対して、当事者双方から事情を聴く「審尋」(非公開)が2月14日、第3誘導路裁判終了後におこなわれます。
 何としても執行を停止させましょう。そのために保証金が必要になることも考えられます。今後皆さんにカンパのご協力も訴えていきたいと思います。その際はどうかご協力をよろしくお願いいたします。

2・14審尋-3・2請求異議裁判のデモと傍聴へ

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

p170130.jpg

 農地法裁判と裏表で密接に関わる耕作権裁判(1月30日)に続いて、2・14審尋―3・2請求異議裁判と、新たな裁判が始まります。最高裁不当決定と真っ向から闘い、実際に強制執行を止める重要な裁判です。
 両日は、千葉地裁に対して「強制収用するな」とデモ行進を行います。
 審尋では、法廷は開かれませんが、市東孝雄さん、萩原富夫さんが意見陳述をおこないます。ぜひ、市東さん、萩原さんを応援しましょう。
 現地での闘い、法廷での闘い、そして全国の闘いは不可分一体です。強制収用を阻止するため、ぜひ千葉にお集まり下さい。

第3誘導路裁判・審尋
 2月14日(火)9時千葉市葭川公園→デモ
        10時30分 千葉地裁
 裁判終了後に「強制執行停止申立」の審尋
一坪共有地裁判=判決
 2月16日(木)13時10分 千葉地裁
空港周辺一斉行動
 2月18日(土)8時30分 決戦本部
団結街道裁判
 2月28日(火)10時30分 千葉地裁
請求異議裁判・デモ
 3月2日(木)9時千葉市中央公園→デモ
        10時30分 千葉地裁

2月4日カフェ 半日限定オープン!

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

予告

 カフェ2月4日半日限定オープン! カフェは市東さん離れです。誰でも参加OK。2月4日午後、ノープランですが天神峰の地で!

 行きは京成成田駅東口、階段を降りて左側、ローソン前のバス停から11時44分発のコミュニティバスに乗ります。運賃200円。私も乗ります。帰りはコミュニティバス、天神峰発16時54分、成田着17時17分です。(木内敦子)

決戦本部長のつぶやきvol.1

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

おはようございます。さっそく朝の打ち合わせをして、決戦本部のイメージをみんなで確認しました。私はこれから宣伝カーで周辺騒音下の情宣に行きます。(1月10日)

1月21日は市東東市さんの命日です。この日、市東さんのはなれで、DVDの上映会を開こうと企画しています。(1月10日)

これまで支援連がやっていた毎日の宣伝カー情宣と、水曜日の成田駅頭街宣を決戦本部の行動としてやることにしました。今日は私も駅頭でマイクを持ちました。(1月11日)

第3滑走路建設計画の対話型説明会は、部落説明会での地元住民のあまりの怒りの大きさに追い詰められたNAA、相川が、怒りを切り崩すためのものだ。(1月13日)

相川芝山町長は、交付金が増えれば、人口が増える施策をやって、豊かにできると言っている! 騒音地獄-子どもが住めない部落のどこに豊かさがあるのだ。(1月13日)

今日は関西実行委員会の旗開きで、神戸に来ました。結集は60人くらい。なんとか三里塚市東さん決戦を訴える役目をやれたかな?全国で闘いをひろげよう!(1月15日)

<ツイッター @sanrizukadoumei  フォローよろしく!!>

DVD上映会ー決戦への思い、語り合う

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

p170121.jpg.JPG

 1月21日、故・市東東市さんの命日にあたるこの日、決戦本部(市東さん宅はなれ)でDVD上映会をおこないました。上映したのは「三里塚闘争不屈の50年」。昨年、50周年東京集会でダイジェスト版を上映しましたが、今回、フルバージョンを上映しました。
 30数人が集まってくれて、みんなで1時間弱のDVDに集中しました。
 DVDの上映が終わると、伊藤信晴さんの司会でお茶会。太郞良さんが決戦本部長としてのあいさつしたあと、集まってくれた人から思い思いの話を聞きました。
 闘争初期からかかわっている人や若い学生、各地の労働者など、さまざまな顔ぶれで決戦に向けて語り合いました。
 最後に木内敦子さんがこれからの意気込みを語り、太郞良さんが1・30―2・14―3・2への全力結集を提起して、この日の催しを終えました。