3・25東京高裁包囲デモ・傍聴―3・27最終弁論へ

 3月の裁判闘争は緊迫した法廷が続きます。
 市東さんの農地取り上げの強制執行を阻んできた請求異議裁判控訴審で、東京高裁第4民事部・菅野雅之裁判長は、3月25日の市東さん本人を含む3人の証人調べと27日の顧問弁護団による最終弁論で結審を強行しようとしています。また、市東さん宅前の天神峰農地の強制収用を阻む新やぐら裁判(千葉地裁民事第2部・内田博久裁判長)も3月18日で結審を迎えます。判決次第では、1971年の大木よねさんへの強制収用以来の農地をめぐる実力攻防に突入します。
 「強制執行許可するな」の要望書は、第1回の裁判で提出して以降の分を25日の裁判の時に東京高裁に提出します。提出に間に合うよう、あらためて要望書への取り組みをお願いいたします。3・25東京高裁包囲デモ・傍聴―3・27最終弁論にぜひ駆けつけて下さい。

<3月の三里塚裁判>
◎第3誘導路裁判
 3月10日(火)午前10時30分開廷
 千葉地裁
◎新やぐら裁判
 3月18日(水)午後1時30分開廷
 千葉地裁 最終弁論
◎請求異議裁判控訴審
 3月25日(水) 午後2時開廷
  東京高裁
  (開廷前に霞が関デモ、要望書提出を予定)
 3月27日(金) 午前10時30分開廷
  東京高裁 最終弁論

NEWS, PR

Posted by home