7月16日 新やぐら裁判へ

 7月16日の新やぐら裁判から、再び裁判闘争が始まります。
 新やぐら裁判は、東京高裁に異動になった内田博久裁判官を「職務代行者」として千葉地裁に送り込み、強引に結審しようとしています。
 弁護団は、二度にわたって東京高裁にその取り消しを申し入れ、内田裁判官に期日変更の申し立てを行って7月16日の期日について延期を求めてきました。その理由は以下の通りです。
①新型コロナウイルス感染症は拡大している。三里塚裁判は全国各地から多数の傍聴者が集まるので、無謀な開廷は許されない。
②「感染防止」を口実にした傍聴制限(わずか27席)は傍聴する権利の侵害だ。傍聴制限のまま審理を強行することは認められない。
③B滑走路閉鎖で、NAAが明け渡しを求めている看板が立つ土地の転用目的が消滅した。新たな主張・立証を追加する準備期間を保障せよ。

 しかし、内田裁判官は期日変更の申し立てを却下し、他の三里塚裁判がすべて9月以降に延期となる中、「最終準備書面」提出を求め、開廷・結審を強行しようとしているのです。
 不当な訴訟指揮を許さないためにも、千葉地裁を怒りで包囲することが必要です。ぜひ、傍聴に駆けつけて下さい。

新やぐら裁判
 7月16日(木) 午後1時30分開廷
 千葉地裁601号法廷

NEWS, PR

Posted by home