NEWS, PR

9・2請求異議裁判控訴審第3回が3日後に迫りました。
 この日の裁判は、市東さんの本人尋問も行われる重要な裁判です。
 
 成田空港をめぐる状況は一変しています。
 新型コロナウイルスの感染拡大で航空需要は激減し、世界では航空会社の倒産も相次いでいます。3カ月に及ぶB滑走路の閉鎖という事態に追い込まれ、今後の回復の展望もない成田空港会社に、市東さんの農地を強制的に取り上げる根拠などありません。
 今回、弁護団はこうした情勢の変化に踏まえた新たな弁論を追加し、あわせて経済学者・鎌倉孝夫さんの証人尋問を行います。(午前中)
 午後からは、「2度と強制的手段はとらない」という社会的約束について平野靖識さんの証人尋問、農業経済学者・石原健二さんの補佐人陳述、そして市東孝雄さんの本人尋問が行われます。
 裁判は大法廷で開かれますが、コロナ感染防止を理由に傍聴席が33席に制限されています。不当な農地取り上げ強制執行を許さず、耕す権利を守り抜く裁判だからこそ、大法廷での多くの傍聴が必要なのであり、コロナ下であってもその必要性は変わりません。傍聴を制限しなければならないなら、本来開くべきではないのです。
 9・2裁判闘争は、こうした訴訟指揮との闘いでもあります。実際に傍聴できる数は限られますが、ぜひ東京高裁に駆けつけて下さい。

 なお、この日は午前中からの裁判ですので、デモ行進は行いません。10時30分の開廷で、30分前の10時には傍聴券の抽選が締め切られると思います。5分前までには東京高裁正門にお集まり下さい。

【請求異議裁判控訴審 第3回】
 9月2日(水)東京高裁1階大法廷
 ・午前10時30分開廷
   弁護団の口頭弁論
   鎌倉孝夫さん 証言
 ・午後1時30分開廷
   平野靖識さん 証言
   市東孝雄さん 証言
   石原健二さん 補佐人陳述

NEWS, 周辺住民とともに, 行動記事

 8月23日、あいにくの雨模様の中、周辺一斉行動に取り組みました。
 密を避けるため、この間は中庭で朝の打ち合わせを行ってきましたが、やむなく離れで短時間の打ち合わせ。
 9月2日の請求異議裁判控訴審の傍聴を呼びかけた同盟ニュースと9月27日の三里塚全国集会に向けたカラービラをセットにして周辺地域に配布しました。

反対同盟ニュース第81号はこちら

NEWS, PR, 裁判闘争

 8月24日(月)午後2時から千葉地裁で新やぐら裁判の判決が行われます。
 東京高裁に異動となった内田博久裁判官が「職務代行者(病気等でやむを得ない場合に認められている)」として千葉地裁に乗り込み、反動判決を下して帰るなど許せません。

 そもそも7月16日の法廷について弁護団は、①新型コロナウイルス感染症の感染拡大、 ②「感染防止」を口実にした傍聴制限という違憲事態、③成田B滑走路閉鎖による明け渡し・転用目的の消滅を受け、新たな主張・立証の必要性を理由に期日変更を求めていました。
 内田裁判官は、この申し立てを却下して開廷したばかりか、当日弁護団が申し立てて民事第5部に係属した裁判官忌避を、民事2部の係属に変えて却下、訴訟手続きを進めたのです。
 そして、傍聴席からの絶えることのない怒号、弁護団の渾身の弁論と弾劾の前にぐらぐらになってたじろぎながらも結審を強行したのです。
 これは内田裁判官が単独でできることではありません。必要もないのに職務代行者として千葉地裁に乗り込んでくることに示されるとおり、背景には「何が何でもこの日で新やぐら裁判を結審させる」という地裁-高裁-最高裁の結託した意図があったのです。

 こうした司法反動を打ち砕くためにも、8月24日、「市東さんの農地取り上げ強制執行阻止」「やぐら、看板の撤去は許さない」の怒りで千葉地裁を包囲しましょう。ぜひお集まり下さい。

NEWS, PR

9・27三里塚全国集会に向けたカラービラができました。ぜひ拡散をお願いします。

PDFファイルはこちら

NEWS, PR

 8月7日、私たちは全国の闘う仲間に対して、9・27三里塚全国集会への参加を呼びかける招請状を発出しました。
 「市東さんの農地を守ろう! 空港機能強化粉砕! 改憲阻止・安倍政権打倒!」を掲げて開かれる9・27集会は、9月2日の請求異議裁判控訴審闘争と一体で、市東さんの農地を守る決意も新たに開く集会です。
 招請状をこちらにも掲載しますので、ぜひご一読下さい。

招請状のPDFはこちら テキストは以下に

NEWS

NEWS, PR

 7月12日に開催した第3回樫の木まつりで、決戦本部から今秋決戦への結集を訴えたアピールを決戦本部ニュースとして発しました。こちらに掲載します。

決戦本部ニュース第15号

(テキストは「記事を読む」に)

NEWS, 周辺住民とともに, 行動記事

 7月19日、85回目となる周辺一斉行動を行いました。
 降り続いた雨がようやく上がったかという空模様の下で、朝から市東さん宅中庭に集まり、打ち合わせをして行動に臨みました。
 今回周辺に配布した反対同盟ニュース第85号では、前週に行われた樫の木まつりの盛況を報じ、9月2日に行われる請求異議裁判控訴審第3回への参加と協力を訴えました。
 しかし、何より私たちにとっても周辺住民にとっても許しがたいのは、成田空港会社(NAA)が7月22日からB滑走路を再開すると発表したことです。
 政府による「Go Toキャンペーン」を当て込んだものですが、1日当たりの新型コロナウイルスの感染者数は最高を更新し続け、旅行どころではありません。キャンペーンから東京が除外されたことで大した利用者の増加も見込めず、LCC(格安空港会社)が運航を再開しても、飛ばせば飛ばすだけ赤字となることは火を見るよりも明らかです。
 B滑走路の再開はまったく必要ないどころか新型肺炎の感染拡大をもたらす百害あって一利なしの暴挙です。こうしたNAAに対する批判も掲載しましたので、ぜひニュースをご一読下さい。

NEWS, PR

 7月16日の新やぐら裁判から、再び裁判闘争が始まります。
 新やぐら裁判は、東京高裁に異動になった内田博久裁判官を「職務代行者」として千葉地裁に送り込み、強引に結審しようとしています。
 弁護団は、二度にわたって東京高裁にその取り消しを申し入れ、内田裁判官に期日変更の申し立てを行って7月16日の期日について延期を求めてきました。その理由は以下の通りです。
①新型コロナウイルス感染症は拡大している。三里塚裁判は全国各地から多数の傍聴者が集まるので、無謀な開廷は許されない。
②「感染防止」を口実にした傍聴制限(わずか27席)は傍聴する権利の侵害だ。傍聴制限のまま審理を強行することは認められない。
③B滑走路閉鎖で、NAAが明け渡しを求めている看板が立つ土地の転用目的が消滅した。新たな主張・立証を追加する準備期間を保障せよ。

 しかし、内田裁判官は期日変更の申し立てを却下し、他の三里塚裁判がすべて9月以降に延期となる中、「最終準備書面」提出を求め、開廷・結審を強行しようとしているのです。
 不当な訴訟指揮を許さないためにも、千葉地裁を怒りで包囲することが必要です。ぜひ、傍聴に駆けつけて下さい。

新やぐら裁判
 7月16日(木) 午後1時30分開廷
 千葉地裁601号法廷