市東農地裁判連続傍聴闘争へ結集を

■7月21日、市東さんの行政訴訟と農地法裁判が、そして27日には耕作権裁判が相次いで闘われます。西側誘導路新設策動に見られるように、市東さんに対する追い出し攻撃が激化する中で闘われる重要な裁判です。政府・国交省、成田空港会社に対する怒りを、7・5現地闘争に続いて叩きつけていこうではありませんか。6・25天神峰現闘本部裁判での仲戸川裁判長の暴挙に見られるような、千葉地裁の司法反動を許さないために、連続して傍聴に結集されることを強く訴えます。

■以下、反対同盟からの呼びかけ文を掲載します。
 

-------------------------------------------------------------------
7月21日(火)
〇堙譴気麈醒篭奪阻止行政訴訟
農地法による農地取り上げと闘う裁判
の連続傍聴闘争への結集をお願いします

 反対同盟の三里塚裁判への毎回の傍聴闘争の取り組みありがとうございます。7月5日の新誘導路前倒し供用阻止闘争は350名の怒りの決起で大成功しました。ご苦労様でした。7月21日には、午前10:30から千葉県知事を訴えた農地強奪阻止行政訴訟、続けて11:10から農地法による農地取り上げと闘う裁判が行われます。
 行政訴訟は、千葉県知事による賃貸借契約の「解約許可決定」の違法を暴き、「決定」を取り消させる裁判です。前回、「解約許可決定に至る違法性」の問題について陳述しましたが、さらに今回は解約「処分無効事由」と“土地収用法で取り上げることが出来なかった農地を農地法で取り上げる”ことの「違憲論」の追加や農地法違反の主張を行う予定です。また農地法裁判では、NAAが前回「賃貸人たる地位の承継は所有権を取得した時点」と回答したことの矛盾点−(1988年所有権取得と農業委員会への許可申請書での2003年取得との矛盾点など)をさらに求釈明として追求します。また、農地法6条違反問題(NAAが不在地主であったこと)等を追及します。現地闘争と一体の闘いとして、市東さんの農地強奪阻止にむけ裁判所を圧倒する傍聴闘争に結集されることを訴えます。

                                2009年7月8日
                   記
●市東さん農地強奪阻止行政訴訟
7月21日(火)午前10時30分
●農地法による農地取り上げと闘う裁判
7月21日(火) 午前11時10分
★千葉地裁601号法廷

        ☆傍聴券抽選のため午前9時30分に集合してください

                    三里塚芝山連合空港反対同盟


-------------------------------------------------------------------
7・27市東さん耕作権裁判への
傍聴の取り組みをお願いします

 全国の闘う仲間の皆さん、連日の闘争ご苦労様です。千葉地裁の7・21三里塚裁判に続いて7月27日には、市東さんの耕作権裁判が行われます。
  この裁判は、NAAが勝手に「不法耕作」と称して、市東さんが1度も耕したことの無い畑も含めて不当に「明け渡し」を求めている裁判です。しかし、NAA自身がいまだ「賃借地」を明確に特定できていないのです。
 今回は、被告側で測量した「青柳鑑定書」を提出します。これは、NAAが提出している当時の収用裁決申請書添付図面や84年の地籍測量図が、公図の地形や公簿面積とは異なったものとなっており、ただ単に収用対象物件の補償面積だけを算出するものにすぎなかったこと(従って境界が不明朗)、また、元の地主が提出した「境界確認書・同意書」添付の貸借地の特定が、実測に基くものではなくて机上で描いたものにすぎなかったこと等を明らかにするためです。
 いま三里塚裁判は、現地攻防と直結した闘いになっています。北延伸滑走路の10月前倒し供用開始・新誘導路の7月末供用開始や農地強奪攻撃と現闘本部裁判の審理打ち切りや市東さんの農地強奪阻止裁判は一体のものです。全力あげて三里塚裁判闘争に決起しょう。7・27傍聴闘争への圧倒的結集をお願いします。
                          2009年7月12日      
                 記
●市東さん耕作権裁判
●7月27日(月)午前10時30分
●千葉地裁601号法廷

     ★傍聴券抽選のため午前9時30分に集合してください

                    三里塚芝山連合空港反対同盟

  

カテゴリーにもどる