第3誘導路裁判にお集まり下さい

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

 明日の現地闘争&天神峰樫の木まつりに続いて、7月11日、千葉地裁民事第3部(阪本勝裁判長)で第3誘導路裁判がおこなわれます。
 この間の攻防で被告・国とNAAは、「収用されるはずの土地だった」「自らの意思で騒音の発生源に住んでいる」から市東さんに「原告適格はなく」、「騒音も受忍すべき」との許しがたい暴論を持ち出しています。
 前回の裁判で裁判長から「『収用されるはずだった』というのは、原告適格の問題と法的にどう関連しているのか」と釈明を求められていましたが、これに対して国は、全く中身のない補充書を出してきました。「仮に千葉県収用委員会による土地収用法に基づく審理が継続していれば、認定要件を充足するものとして、同法47条の2に基づく収用裁決がされていたと考えられる」と説明ならざる説明の一文でお茶を濁しています。
 まさに法廷で空港建設の本質を暴き、国とNAAを追及していく裁判です。ぜひ、お集まり下さい。

 <第3誘導路裁判>
 日時 7月11日(火)午前10時30分
 場所 千葉地裁601号法廷

墨塗りは絶対に認められない!

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

-6・26耕作権裁判(裁判内容)

 10時30分から千葉地裁601号法廷で開かれた裁判(内田博久裁判長)は、冒頭から弁護団の追及に次ぐ追及で始まりました。
 弁護団は、前回の法廷で問題にした「乙85号証」の墨塗り部分について、引き続き開示を徹底して要求しました。
 「乙85号証」は、2012年に下された文書提出命令によってNAAに提出させた数少ない書証の一つです。1970年当時の南台の農地について、小作者である根本、石橋、市東の三軒がそれぞれどこを耕作していたかという耕作状況を調査した図面入りの資料で、空港公団(NAAの前身)によって作成されたものです。
 2012年に提出された時、その一部が墨塗りにされていたたわけですが、市東さんの賃借地が図示されていて、それが現在の耕作場所と一致することから、市東さんにとっては決定的な証拠のひとつです。
 墨塗りそのものは5年前にすでになされていたことですが、それを今問題にしているのは、NAAが新たな主張を始めたからです。
 賃借場所をめぐるこの間の攻防で追いつめられた空港会社は、〝仮に41-9が当初からの賃借地と認められないとしても、「同意書」「確認書」で市東さんが合意をして、そこがあらたに賃借地になった〟という主張(予備的主張)をしてきました。
 そうなると、賃借地についての確定的な文書が存在していては都合が悪くなります。
 そこで、NAAにとってまったく不利なこの書類(乙85)について、「昭和45年(1970年)頃の耕作状況をもとに当初の耕作地を推測したもの」だと釈明し、その証拠価値を低め、自分たちが偽造した「同意書」「境界確認書」の添付図面の方が正しいなどと言い出しのだ。
 「乙85」をはじめ、開示させることのできた文書は、畑の位置特定の誤りの真実を明らかにするために、「用地に係わる交渉記録や報告書のすべてを法廷に出せ」と迫り、ようやく提出させた重要な文書です。開示させたときは一言もなかった「推測論」を今になって言い出して、「乙85」は証拠の価値がないものだとする新たな主張を展開しはじめたわけです。もちろん、開示させたときから墨塗りは問題にしていましたが、NAAがそう言うのなら、なおさら墨塗りを認めるわけにはいかないではないですか。

「市東さんの闘い軸に安倍農政と対決しよう」

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

 6月26日におこなわれた耕作権裁判の報告会で、全国農民会議共同代表の小川浩さんが発言。「内田博久裁判長の本性があらわになった」と訴訟指揮への怒りをあらわしました。
 また、種子法の廃止や優良農地も企業が使えるようにする法律など、先の国会での農業関連8法案の成立を弾劾しました。

「請求異議」の裁判が3月2日に

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

 11月30日に市東さんと弁護団がおこなった「請求異議の訴え」について、第1回弁論が来年3月2日に開かれます。また、この裁判の判決が確定するまでの間、強制執行を停止させる「執行停止申立て」に対して、当事者双方から事情を聴く「審尋」が2月14日、第3誘導路裁判終了後におこなわれることになりました。
 現地の決戦態勢構築と合わせて、強制執行阻止の新たな闘いが始まります。1月30日には耕作権裁判もおこなわれます。年明け、千葉地裁に向けた取り組みに、全力での結集をお願いします。

強制執行差止(請求異議)裁判 第1回口頭弁論
 ・2017年3月2日(木) 午前10時30分
 ・千葉地裁601号法廷 民事第5部(鹿子木康裁判長)