「三里塚・請求異議裁判署名」の呼びかけ

p170328.jpg

全国の闘う仲間の皆さん。
 反対同盟は、市東さんの農地に対して国と成田空港会社(NAA)がもくろむ強制執行を許さないために、新年冒頭の旗開きをもって決戦本部を発足し、市東さんとともに体を張って闘う態勢を築いてきました。
 その中で、市東さんは強制執行を許さない新たな裁判(請求異議裁判)を開始しました。
 この裁判に全力で取り組み、市東さんを応援し、強制執行の攻撃を押し返していくべく、「三里塚・請求異議裁判署名」の取り組みを呼びかけます。

 最高裁で確定した「農地を明け渡せ」という判決は、地代のだまし取りや文書偽造など、NAAの数々の違法・不法にふたをして、市東さんの耕す権利を踏みにじった許すことのできない判決です。しかし、NAAによる強制執行請求を千葉地裁が許可しなければ、強制執行はできません。「強制執行は許されない」という市東さんの主張が千葉地裁を圧倒し、裁判の開始と強制執行停止をかちとったのです。請求異議裁判は、まさに最高裁決定をひっくり返すたたかいです。
 「農地取り上げは私だけの問題ではありません。労働者も農民も本当に生きていけない現実を一丸となってとめましょう」「私の農地の問題は、沖縄や福島とひとつながりです。だから私はたたかいます」と常々市東さんは言います。そして、「私の思いは、これからも天神峰で農地を守り、地道に働き続けることです。空港会社の不当な執行請求に対しては、あくまでたたかう覚悟です」と陳述書で述べています。こうした市東さんの譲れない思いに、何としても応えようではありませんか。
 NAAによる農地取り上げは、第3滑走路計画と一体です。反戦を掲げ、半世紀を超えて闘い続ける反対同盟をつぶそうとするものです。強制執行阻止は、改憲や戦争に向かう安倍政権との闘いそのものです。
 あらたな署名運動をとおして、さまざまな怒りや闘いと結びつき、何が何でも市東さんの農地を守る強固な陣形を築いていきたいと思います。天神峰=決戦本部にもどんどん駆けつけて下さい。
 皆さん、ぜひ署名に取り組んでくださいますようお願い致します。

2017年3月26日

署名用紙はこちら

呼びかけのPDF版はこちら

決戦本部アピール

p170326_4.jpg

 全国から集まられた皆さん。

 昨年、私たちは三里塚50周年集会を成功させ、また今年、関西でも三里塚50年集会が成功しました。有難うございます。
 私たちは、三里塚50年の「空港絶対反対・農地死守・実力闘争」の勝利を核心に、さらなる三里塚闘争の大衆的拡大をなんとしてもやらねばなりません。
 今、三里塚闘争は、歴史的「決戦」に突入しています。
 市東さんと反対同盟顧問弁護団を先頭にした、10年以上にわたる裁判闘争の圧倒的かつ勝利的な展開に追いつめられて、10月25日、最高裁は上告棄却を強行したのです。
 市東さんの真実の訴えは何ひとつ聞き入れず、地元農業委員会から司法・最高裁に至るまで、違法・偽造は当たり前と言わんばかりの、卑劣で理不尽極まる本性を私たちは目の当たりにしてきました。
 強制執行はまさに、空港の完成を阻んでいる三里塚闘争への恐怖であり、反対同盟の基本路線を父・東市さんから受け継いだ孝雄さんへの憎しみであり、「国策に抗う者への見せしめ」の攻撃なのであります。
 許すわけにはいきません。かつて萩原事務局次長が「国家権力の政策を本気で止めようとするなら、闘いは必ず実力闘争になる」と言った情勢の只中にあります。
 反対同盟と全国の仲間が市東さんとスクラムを組み、身体を張って農地を守ろうと、1・9旗開きに「決戦本部」を構えました。この3ヶ月、ひとりで立ち寄ってくれた方もいれば、現地調査、交流会などさまざまな形での来訪もあり、全国からは激励が寄せられています。
 私たちは強制執行を阻止するために、天神峰「決戦本部」で「ともにスクラムを組み闘う戦士」の決起、闘うグループの結集を訴えます。
 また、第3滑走路建設・深夜早朝の飛行時間延長・B滑走路1000㍍延長といった「成田空港の機能強化策」に反対します。
 「企業が儲かれば労働者の給料もあがる」と言いながら、企業=資本家の利益一辺倒のアベノミクス政策以外の何ものでもありません。機能強化は、地元住民への騒音地獄、農地・農業破壊を強いる廃村化なのです。粉砕あるのみです。
 安倍政権の戦争に向けた「憲法改悪」「共謀罪制定」等の横暴な政治に対して、連続的な国会弾劾闘争が闘われています。沖縄一辺野古・高江では、本土の機動隊・海上保安庁と実力阻止闘争が闘われています。福島-反原発、そして労働者・農民が闘いぬいています。実力で国策を阻んできた三里塚は、こうした闘いの最先頭に立つ闘いです。
 三里塚闘争でともに闘おう! 新たなる三里塚50年へ! 「三里塚共闘」のさらなる団結と激闘に向け闘おう!

 2017年3月26日

PDF版はこちら

"強制執行阻止"雨空に響く

―3・26全国総決起集会

p170326_1.jpg

p170326_2.jpg

p170326_3.jpg

 反対同盟は3月26日、成田市の赤坂公園で、「市東さんの農地を守ろう! 第3滑走路粉砕! 安倍政権打倒!」を掲げて全国集会を開催しました。
 まずは集会の基調を掲載します。

3・26全国集会に結集を!

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

p170309.jpg 掲載が遅くなり、申し訳ありません。先月末、反対同盟はきたる3・26三里塚全国総決起集会の招請状を全国に発送しました。以下、全文を掲載しますので、ご覧下さい。

PDFファイルはこちら

(紙媒体でB4サイズのPDFです)

一斉行動で芝山町に集中情宣

  • 投稿日:
  • by

p170128_2.jpg

p170218.jpg

 2月18日、反対同盟は、46回目の周辺地域一斉行動をおこないました。今回は、「芝山集中情宣」として取り組みました。
 昨年10月に始まった住民説明会では、どこでも第3滑走路建設・深夜早朝便延長・B滑走路1000メートル延伸の空港機能強化案への住民の怒りが噴出しました。しかし、成田空港会社や地元首長は、「ご意見はたまわりました」と紋切り型の受け答えをするだけで、住民の声に耳を傾けようとはしません。
 とりわけ相川町勝重芝山町長は、住民からの「住民投票要求」を拒否し、「町議会議員による決定」を強調しています。2月6日には、町役場内で「成田国際空港総合調整整理推進本部」なる組織の初会合を開き、「機能強化にむけて具体的な体制づくりを進めたい」と言っています。
 この日は「反対同盟ニュース第41号」と相川町長弾劾ビラを配布して、芝山町の皆さんに決起を呼びかけました。

反対同盟ニュース41号はこちら

天神峰カフェから映画鑑賞へ

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

 今週の土曜! 土曜カフェ改め「天神峰カフェ」を開きます。基本、一人でも要望があれば、いつでも開店します。今度のカフェは芝山町の「やすらぎの里」で上映される「襤褸(らんる)の旗」の鑑賞に案内します。送迎もします。決戦本部にご連絡下さい。(太郎良陽一)

<緊急アピール>強制執行を停止させる保証金カンパのお願い

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

 全国の皆さん。
 市東さんの農地取り上げ強制執行をめぐり、2月14日に千葉地裁で行われた審尋(しんじん)で、強制執行の停止を勝ち取りました。停止期間は請求異議裁判(後述)の第一審が終わるまでですが、ひとまずみんなでもぎ取った勝利です。
 しかしながら、執行を停止させるためには、7日以内(2月21日まで)に200万円の保証金を積むことが条件とされています。必ず執行を停止させ、3月2日に第1回の弁論を迎える請求異議裁判を全力で闘いぬくために、緊急のカンパを訴えます。

 昨年10月25日、最高裁で争っていた農地法裁判で、第3小法廷の大谷剛彦裁判長は、不当にも市東孝雄さんの上告を棄却し、判決が確定しました。
 これに対して市東さんと弁護団は、11月30日、空港会社(NAA)が農地取り上げの強制執行を裁判所に申し立てても許可しないよう求める訴訟を千葉地裁に起こし(請求異議裁判)、同時にこの訴訟が終わるまで執行を停止する決定を求めたのです。

 2月14日、この決定のために市東さんとNAAの双方から意見を聞く場(審尋)に臨むと、担当の裁判長(民事第5部)が代わっていました。請求異議と審尋の申し立てを認めた鹿子木康(かのこぎやすし)裁判官から、にわかに髙瀬順久(たかせよしひさ)裁判官に交代したのです。あからさまな国策人事です。
 審尋の場で弁護団は、「執行を止めたとしても空港会社に損害は生じないから保証金は不要だ」と主張しました。そして損害が生じるなら具体的に挙げるよう求めましたが、空港会社の代理人はなにひとつ答えることができませんでした。それなのに、高瀬裁判長は助け舟を出し、200万円という根拠のない高額の保証金を提示してきたのです。

 こんなやり方に負けるわけにはいきません。請求異議裁判も予断を許しません。ひとつひとつの攻防が文字通り力勝負です。執行停止を確定し、請求異議裁判の早期結審を許さず、大きな反撃の闘いとするために、ぜひともカンパのご協力をお願いいたします。

2017年2月15日

【カンパの送り先】 
<郵便振替> 00130-0-562987 三里塚芝山連合空港反対同盟
<銀行口座> みずほ銀行成田支店 普通預金2074135 イトウノブハル