2018年闘争スケジュール

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

 2018年、旗開きに続くスケジュールをお知らせします。
 まず、3月4日(日)に空港機能強化案粉砕現地闘争を予定しています。住民の怒りの声をないがしろにしようとする4者協議会を許さず、第3滑走路対象地住民、騒音下住民の怒りと結びついたデモに立ち上がりましょう。
 続く3月8日(木)は請求異議裁判闘争です。高瀬順久裁判長の裁判終結策動を許すか否か、2018年の市東さん農地攻防を方向づける重大な裁判です。
 そして、4月1日(日)全国総決起集会を開催します。
 いずれも詳細はおってお伝えいたしますが、まずは日にちをご確認ください。

 3・4 空港機能強化案粉砕現地闘争
 3・8 請求異議裁判闘争
 4・1 三里塚全国総決起集会

決戦の2018年はデモでスタート

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

 すでにお伝えしている来年1月8日(月)の新年デモと団結旗開きのスケジュールを決めましたので、お伝えいたします。

 まず、10時30分開拓組合道路集合で、新年デモをおこないます。「決戦の年のスタートをデモからやるぞ!」の意気で闘いましょう。デモ終了後、場所を移して団結旗開きをおこないます。
 今年1年強制執行を跳ね返し、安倍政権と空港会社を追いつめたが故に、来年は文字通り決戦の年となります。決戦本部を立ち上げて取り組んできた決戦陣形づくりをさらに推し進め、強制執行を実力で阻止しましょう。住民無視のペテンがますますあらわとなり、軍事空港化をねらう「空港機能強化案」粉砕へ、周辺住民とともに闘いましょう。そして安倍政権の改憲・戦争阻止へ、ともに連帯して闘いましょう。
 1月8日、ぜひお集まり下さい。
●新年デモ
時間:午前10時30分集合
場所:市東さん宅南側開拓組合道路
   午前11時~デモ 
●団結旗開き
時間:午後1時
会場:レストラン「ハナマサ」(成田市並木町)
(TeLO476-23-2328)
参加費:1人2500円

遺志引き継ぐ誓い新たに

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

―北原事務局長を偲ぶ会を催す

p171210_1.JPG

p171210_2.JPG

 12月10日、成田市内で「北原鉱治さんを偲ぶ会」を開きました。80名余の方に集まっていただき、多くの人にそれぞれの立場から思い出話や裏話などを語っていただきながら、反対同盟の事務局長として50年に及んだ故人の闘いに思いをはせました。発言を受けて北原健一さんがお礼の挨拶をおこない、ともに闘う決意を表明しました。

 北原健一さんの挨拶を紹介します。

1・8新年デモ&団結旗開きにご参加を

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

 全国の闘う仲間の皆さん! 決戦の2018年、反対同盟は1月8日(月)の新年デモと団結旗開きから闘いを開始する予定です。
 時間など詳細についてはおってお伝えしますが、旗開きは昨年同様、レストラン「ハナマサ」を会場にしておこないます。
 三里塚をつぶそうという最高裁の農地取り上げ決定に対して、私たちは決戦本部を構え、強制執行阻止の新たな裁判(請求異議裁判)を闘い、署名を集めてはね返してきました。他方、空港周辺各地で沸き上がる「空港機能強化案」への怒りの声は、国と空港会社を追いつめています。
 現地臨戦態勢の構築に向けて、さまざまな試みにチャレンジして、新たなつながりを
つくり出してきました。この地平の上に、2018年は、戦争に向かう安倍政権と真っ向から対決する「反戦・反権力の砦」として、三里塚が51年培った、その真価を発揮する時です。
 決戦の2018年をともに闘うべく、1月8日の新年デモ&旗開きへお集まり下さい。

●新年デモ&旗開き
期日:2018年1月8日(月)
旗開き会場:レストラン「ハナマサ」(成田市並木町)
(TeL0476-23-2328)

団結街道裁判(鎌倉証言)にお集まり下さい

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

 12月12日(火)午後1時30分から千葉地裁民事第2部(内田博久裁判長)で団結街道裁判が行われます。
 団結街道裁判は今回から立証段階に入り、最初の証人として経済学者の鎌倉孝夫さんの証人尋問が行われます。鎌倉さんは、経済学的視点から成田空港の「公共性」なるもののウソを暴き、農業つぶし、農民追い出しがむしろ公共に反することを証言される予定です。
 年内最後の三里塚裁判です。全三里塚裁判において終結に向かおうとする露骨な動きを許さないためにも、今回は大事な法廷になります。ぜひ、傍聴にお集まり下さい。

団結街道裁判
 12月12日(火)午後1時30分
 千葉地裁601号法廷

※今回は午後の裁判になります。お間違いのないように! 傍聴券の抽選がありますので、午後1時までにお集まり下さい。

関西生コン支部から署名届く

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

 1万筆を突破した請求異議裁判署名は、現在、来年3月8日の裁判にあわせた第4次の提出に向けて集めていますが、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部から1356筆のまとまった署名が届きました。
 これで第4次分の署名は1559筆となり、署名総数は12258筆になりました。「強制執行許すな!」の声をもっと広げるために、皆さんの更なるご協力をよろしくお願いいたします。

シンポジウムで市東さんが決意表明

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

p171123_1.jpg

p171123_2.jpg

 11月23日、文京区民センターで、「市東さんの農地取り上げに反対する会」が主催したシンポジウムが開かれました。
 「憲法と農業──農民の人権は守られているか」と題して、憲法学の内藤光博教授(専修大学)の講演や鼎談が行われ、強制執行の違憲性を明らかにした上で、農業・営農権は憲法上の基本的人権として位置付けられるべきものとの意欲的な提起がなされました。(詳しくは市東さんの会のブログをご覧下さい)
 このシンポジウムで、市東孝雄さんが発言し、決意を述べました。以下、発言内容を紹介します。
-------------------------------------------------------------