NEWS,集会・現地闘争

NEWS,集会・現地闘争

NEWS,集会・現地闘争

NEWS

 裁判所と成田空港会社(NAA)は、新やぐら裁判での強制執行停止申し立ての却下以降、示し合わせたかのように矢継ぎ早な動きをしてきましたが、私たちも24時間座り込み態勢に入り、26日夕方現在、強制執行を阻んでいます。
 明日(27日)の天神峰現地闘争に集まり、NAAに迫るデモ行進で「強制執行は絶対に許さない!」決意と怒りを叩きつけましょう。座り込みにぜひ参加して下さい。(写真は11・13緊急現地闘争)

【11・27天神峰現地闘争】
市東さん宅中庭集合
13時~集会
14時30分~デモ行進 16時前に終了

NEWS

 市東さん宅への交通手段として、成田市のコミュニティバスが利用できます。参考にして下さい。

PDFファイルはこちら

NEWS

 本日昼過ぎ、反対同盟と市東さん宛に千葉地裁から授権決定が送られてきました。これでいつ強制執行に来てもおかしくない状況です。
 私たちは本日から24時間座り込み態勢に突入します。ぜひ寝袋を持って現地での座り込みに立ち上がってください。カンパ、差し入れもよろしくお願いいたします。
 11月27日の天神峰現地闘争にも全力でのご参加をお願いいたします。

NEWS,周辺住民とともに

  11月20日、112回目の周辺一斉行動に取り組みました。
 今回は同盟ニュースで13日の緊急現地闘争を報じ、周辺の皆さんに決戦到来を告げ知らせました。そして、今日執行反対緊急署名への取り組みと11・27天神峰現地闘争と11・28耕作権裁判への参加を呼びかけました。
 朝の打ち合わせでは、萩原富夫さんが強制執行阻止に向けた方針を確認、伊藤信晴さんが本日の行動へ檄を飛ばし、太郎良陽一さんが決戦本部としての行動を提起しました。また、各地から寄せられた檄布、檄文が紹介されました。
 この日配布した同盟ニュース第107号はこちら

NEWS,裁判闘争

 
 11月18日 、千葉地裁民事第3部(内野俊夫裁判長)で団結街道裁判が行われました。
 団結街道(成田市道・天神峰―十余三線)は、市東さんの自宅と南台の畑を結ぶ、日々の農作業に欠かせない道路であり、周辺住民も多く利用する大事な交通路でした。
 この生活道路を成田市は2010年6月、夜陰に乗じて暴力的に封鎖・廃止し、土地を格安で成田空港会社(NAA)に売り飛ばしたのです。そこにNAAは第3誘導路を建設したのであり、この違法性を追及する裁判です。
 裁判は、コロナ禍による中止もあって、数年にわたる小泉一成成田市長の証人要求が続いています。団結街道はまさに政治案件として廃道にされたのであり、責任者である小泉市長の証言は欠かせません。
 内野裁判長はNAAに助け舟を出しながら、小泉市長の証人採用から逃げ回ってきました。
 そして今になって、道路法の廃道要件よりも空港拡張の必要性が争点だと言い出したのです。これは空港拡張が大事なら道路をつぶして当然、法律を守る必要はないと裁判所が考えているに等しい話です。
 とんでもない言い草ですが、そうであるなら裁判長はNAAの社長や国交省の人間を証人採用しなければ整合性がつきません。
 千葉地裁は空港会社の手先になるな! 裁判終了後、私たちは強制執行反対の街宣活動を行い、千葉地裁に対する怒りのシュプレヒコールをあげました。

NEWS

11月20日周辺一斉行動
11月23日一斉街宣行動
11月27日天神峰現地闘争
11月28日耕作権裁判
12月4日天神峰カフェ
12月11日現地闘争&団結芋煮会、
12月18日周辺一斉行動

基本は毎日の座り込み闘争です。新たな強制執行反対の緊急署名にもご協力ください。