NEWS,裁判闘争

-新やぐら裁判控訴審が結審

 5月9日、東京高裁第2民事部(渡部勇次裁判長)で、新やぐら裁判控訴審の第3回が開かれ、この日で結審しました。
 開廷に先立ち、日比谷公園霞門から裁判所包囲のデモ行進を行い、「市東さんの農地を守り、新やぐら裁判に勝利しよう。軍事空港を阻止しよう」とシュプレヒコールをあげました。
 午後2時から始まった法廷では、最初に萩原富夫さんが意見陳述を行いました。
 萩原さんは「小作権者である市東さんの同意のない契約解除は無効であり、誰が地主であろうが絶対に認めることはできません。NAA(成田空港会社)に収去を求める権利はありません」と述べ、さらにやぐら撤去は「「市東さんの営農と生活を侵害し追い出すことが目的」と断じました。そして、「機能強化、第3滑走路建設などの計画を中止すべき」「反対同盟は、勝利する日まで成田空港の廃港と収去を求めて闘い続けます」と陳述しました。
 続いて顧問弁護団が、最終弁論の中身を代わる代わる口頭で陳述しました。
 なにより、小作者に秘密裏に行われた底地の売買は無効であり、NAAは土地所有権を取得していません。小作者の同意なく行われた土地の賃貸借契約解除申請は農地法に違反し、市東さんの賃貸借契約は存続しています。
 監視やぐらは市東さんの生活を守るためのものであり、「第3滑走路反対、強制収用阻止」と書かれた看板は、NAAの不当に抗議し、農民として生きるための権利です。やぐら・看板は市東さんが営む農業と不可分の存在です。
 市東さんの天神峰農地に建つ監視やぐら、看板など反対同盟所有の4つの物件について「収去と土地の明け渡し」を求めるNAAの言い分を丸ごと認めた一審千葉地裁の判決は不当であり、一審判決を取り消しされるべきです。
 2時間を超える萩原さんと弁護団の陳述で、やぐら・看板撤去の不当性は全面的に明らかにされました。
 判決は9月2日午前11時からです。

NEWS,裁判闘争

NEWS,裁判闘争

 4月25日、千葉地裁601号法廷で耕作権裁判が行われました。
 裁判に先立ち、午前9時すぎから千葉市中央公園で決起集会を行い、千葉地裁に向けてデモ行進しました。
 裁判では、空港公団(当時)と旧地主・藤﨑との間でなされた用地交渉記録が絶対にあるはずと空港会社を徹底追及。返す刀で、空港会社に事実を明らかにさせようともしない本田晃裁判長の訴訟指揮を弾劾しました。
 裁判長の煮え切らない態度に、法廷内は何度もヤジと怒号が飛び交いました。

NEWS,裁判闘争

-新やぐら裁判控訴審第2回

 1月19日、新やぐら裁判控訴審第2回が東京高裁102号法廷で行われました。全日の法廷で4人の証人調べが行われ、空港会社を圧倒する重厚で迫力ある証言がかちとられました。
 午前中は市東孝雄さんと憲法学の内藤光博さん。
 市東さんは、やぐら・看板設置の経緯を証言した上で、「私の有機無農薬の農業とやぐら・看板は一体のもの。これらの撤去は農地を取られることと同じ」と述べ、裁判長に「審理を尽くして不当判決を出さないように」と迫りました。
 内藤さんは、「生存権的財産権」「営農権」といった権利が市東さんにはあると解き明かし、さらに抵抗権の行使として「農地を守ることとやぐら・看板による意思表明は一体だ」と論じました。
 午後からは民法学の吉田邦彦さんと経済学の鎌倉孝夫さんが証言に立ちました。
 吉田さんは、「居住福祉法学」という考えを示し、「住まいは単なる商品ではない」「金銭や金目だけで解決をはかる日本のあり方は諸外国からも立ち後れている」「強制立ち退きは深刻なテーマだ」と述べました。そして、「(空港会社は)市東さんの身体の一部をもぎとるようなことでしか、本当に将来を語れないのか。真剣に考えるべきだ」と喝破しました。
 鎌倉さんは、コロナ禍によって航空需要が激減し、破たんが明白となっている成田空港の経営実態や将来について経済学的に分析・論述しました。そして、「いまや成長よりも生存・生活基盤の充実が重要だ」と述べ、「農業は絶対必要不可欠」と強調しました。
 4人の証言によって、市東さんには「この地で耕し続ける」確固たる権利があること、空港会社による農地取り上げややぐら・看板の撤去には一片の理もないことが重層的に明らかにされました。
 次回期日は3月14日(月)午後2時開廷です。ぜひ傍聴にお集まりください。

(写真は裁判終了後の報告会と発言する市東さん、吉田さん)

NEWS,裁判闘争

 請求異議裁判控訴審で菅野雅之裁判長が下した不当判決に対して、反対同盟と顧問弁護団は即日、これを弾劾する声明を発しました。以下に掲載します。

PDF版はこちら

NEWS,行動記事,裁判闘争

NEWS,行動記事,裁判闘争

 

 12月17日、東京高裁第4民事部で行われた請求異議裁判控訴審の判決で、菅野雅之裁判長は控訴棄却・執行停止取り消しの反動判決を下しました。絶対に許すことはできません。
 菅野裁判長は、「二度と強制的手段は用いない」と空港会社が社会的に公約したことや、成田空港の破たん的現状を事実として認めながら、法的には農地取り上げの強制執行を縛るものではないといいなして、一審・高瀬判決の破たんを補強し、成田空港会社の意向に忖度して判決を行ったのです。
 全国から150名の皆さんが駆けつけ、正午からの東京高裁包囲デモ、午後2時からの判決傍聴、そして不当判決弾劾のシュプレヒコール、報告会と意気高く闘いぬきました。
 午後4時からは、市東さん、萩原さんと顧問弁護団が記者会見を行い、あらためて菅野判決を弾劾し、闘う決意を明らかにしました。
 市東さんと弁護団は、直ちに最高裁に上告し、あらためて執行停止の申し立てを行いました。執行停止の結論は明日以降になります。
 これから新たな闘いが始まります。情報や方針など随時ブログ、ツイッターでお伝えしますので、注視していただきますようお願いいたします。

NEWS,行動記事,裁判闘争

-コロナ情勢に踏まえ空港会社を圧倒する陳述・弁論
-判決は12月17日(木)午後2時から

 10月22日、東京高裁第4民事部(菅野雅之裁判長)で請求異議裁判控訴審の第4回が開かれました。
市東さんの最終意見陳述、石原健二さん、内藤光博さんによる補佐人陳述、そしてコロナ情勢に踏まえた新たな主張も加えた顧問弁護団の最終弁論が行われました。
 342ページにおよぶ最終弁論は、これまで積み上げてきた農地取り上げる不当性の全面展開の上に、新型コロナウイルスの感染拡大で成田空港会社は存続の危機にあり、航空需要の回復はあり得ないことから、農地取り上げ強制執行の根拠は失われたと断じました。
 これに対して空港会社側は一言の反論もせず、菅野裁判長はこの日の陳述・弁論に目を通すつもりはないと言わんばかりに、判決日を2カ月後の12月17日午後2時からと指定して法廷を閉じました。
 裁判に先立っては、正午から日比谷公園霞門から東京高裁を包囲するデモ行進を行い、強制執行実力阻止の意気を示し、デモ後には要望書の提出を行って、東京高裁に「強制執行を許可するな」の声をぶつけました。

NEWS,PR,裁判闘争

 皆さんに傍聴参加を呼びかけていた9月14日の耕作権裁判は中止になりました。
 2月3日の期日取り消しとは別に、航空写真関係の文書提出命令を申し立てていましたが(2月5日に地裁で却下)、東京高裁に即時抗告していて、まだ決定が下りていないためです。
 これで丸1年法廷が開かれないことになりますが、空港会社の文書隠し・証拠隠しを追及する闘いが続いています。なお、次回の期日は12月21日の予定です。
 本日になって急きょ決まったことですので、周りの方々に広めていただきますようお願いいたします。

NEWS,行動記事,裁判闘争

ARVE Error: Mode: lazyload not available (ARVE Pro not active?), switching to normal mode




ARVE Error: Mode: lazyload not available (ARVE Pro not active?), switching to normal mode