一斉行動で7・29裁判&デモの訴え

2019年7月26日

 7月21日、75回目の周辺一斉行動を行いました。
出発前の打ち合わせでは市東孝雄さんがあいさつ。「空港機能強化も実際にはまだまだ進んでいない。天気は悪いが1日頑張ろう」と檄を飛ばしました。
 今回のニュースは、7月29日の裁判とそれに先立つ千葉市市内デモの呼びかけをメインに、成田空港会社の新社長に就任した田村明比古を弾劾する内容です。ニュースの内容に踏まえた意見交換をしたのち、それぞれの担当地域に出発しました。
夕方、再度市東さん宅離れに集まって、今日1日の行動を集約しました。空港機能強化をめぐる様々な問題が浮き彫りになるなかで、市東さんが「こちらの運動を伝えていく行動を地道にやっていこう」とまとめました。
 今回発行した反対同盟ニュース第70号はこちら(PDF)